終わった人のあらすじとネタバレ!キャスト(映画)一覧まとめ!

こんにちは。

 

嫁さんが

『「終わった人」に今井翼くん出るんやって!

映画初めてちゃうん?

ジャニーズおって、あの歳で映画出てない人って珍しいやんな?」

 

確かに今井翼君といえば「舞台役者」

というイメージが強い感じ。

 

満を持して出演する「終わった人」の

あらすじやネタバレ、他のキャストが気になったので

調べてみました。

 

ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「終わった人のあらすじとネタバレと映画のキャスト」

 

気になったところは

・「終わった人」のあらすじは?
・「終わった人」のネタバレは?
・「終わった人」のキャスト一覧

 

結論から言うとこんな感じでした。

・定年後の生活にもがく男の話
・ターニングポイントでの決断が重要
・舘ひろしや黒木瞳のほかかなり豪華

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

スポンサーリンク


「終わった人」のあらすじは?

まずは「終わった人」のあらすじについて調べてみました。

映画「終わった人」は内館牧子(うちだて まきこ)さん原作の長編小説で、

定年を迎えた主人公の「第2の人生」の過ごし方について

理想ではなく現実問題としてシリアスかつユーモアに描いた社会作。

 

原作は2015年に発刊されベストセラーになっています。

 

内館牧子さんと言えばNHKドラマなどの脚本を書かれていますね。

  • ひらり
  • てやんでえッ!
  • 毛利元就
  • 私の青空
  • 塀の中の中学校 など

また、女性で唯一の「横綱審議委員」という肩書きもお持ちです。

 

「終わった人」のあらすじ

「定年って生前葬だな」

という書き出しでわかる通り、主人公には「明るい未来」が見出せていません。

 

主人公は田代壮介。

大手銀行で出世コースを歩んでいたが、途中、子会社に出向。

事実上の左遷を受け、そのまま定年迎えます。

 

仕事に人生をかけてきた田代は、定年によって急に目の前に現れた「自分の時間」をどう使っていいかわからずに途方にくれます。

 

妻や娘との関係はすでに冷めていて、お互い干渉せずといった感じ。

 

当然、旅行に誘ってみても「行く」などと言うはずもなく。

 

やっぱり仕事しかないと新たな働き口を探すが、

60歳を超え手に職のない元サラリーマンができる仕事はない。

 

家族からは「恋でもしたら」と言われるが、

気になる人ができても、仕事以外は不器用なため思い通りにいくはずもなく。

 

だけど、図書館で本を読んだり、ジムで身体を鍛えたりといった「いかにも」な老後は過ごしたくない。

 

そんな田代の前に一人の人物が現れ、この出会いによって田代の人生はある方向に向かって動き始めます。

 

定年後、「明るい老後」ではなく仕事一筋で「何をしていいかわからない」という男の思いを描いた作品です。

 

「終わった人」のネタバレは?

次に終わった人のネタバレを含む感想について調べてみました。

 

・この人のようにすごいプライドはないが 仕事がない定年後の生活という点では、身につまされる。  しかし、会社が倒産して多額の借金を背負っても年金で十分にやっていけるなんて、どこか世界が違う人だなあと感じた。

 

・色々と思うことがたくさんあるけど、上手く文章にできないなぁ。ただ恋人を作れとか、妻の感覚が、今一よく掴めない。突き抜けた人なのかと思えば、失敗した旦那さんを、決して許さないタイプの人だったり。ただ、勉強になったことは、貯金は私名義に、ちまちま積み立てておこうということ!あとこれからの年代は、終わりたくても年金もらえないから、60代では仕事辞められないからね。幸か不幸か、この人のような葛藤はなくなるでしょう。

 

・定年を迎えた人の話 仕事以外の趣味を持っとかないと寂しいな 変なプライドがあるのも大変 若い頃にいい大学行って、いい会社に入っても途中でどうなるかもわからない 突然、死んでしまうこともあるし・・・ 人間の着地点って大差ない、社会的に「終わった人」になると、みんな横一列 人生楽しまなくてはと思う話だった

 

・テーマは今風なんだけど、不思議と読んでても盛り上がらずそのまま終了。多分、退職後の生活に夢や希望を持つなという作者の思いが投影されているのか、全く感情移入できない登場人物の数々。超富裕層に属するであろう主人公、社長業で失敗しても離婚もせずに帰るべき故郷もある。晩節を汚してもなお往生際の悪い生き様を書くことによるアンチテーゼだったのだろうかと、思ってしまう読後感。すっきりすることはないですよ!

 

・定年後、もがき続ける夫。40代から将来を見据えた妻。 卒婚、名称の軽さが不快。自分の人生を成仏させるには、やりきった満足感が必要なのか。考えさせられる本でした。ドラマになったら誰が演じるのかなあ。

 

・僕も半ば終わった人なので興味深く読んだ。後半ベンチャー企業にかかわり出して社長まで引き受けるに至って俄然面白くなった。エリート銀行員が定年までにどの位の資産を作るのかも具体的な額まで教えられ参考になった。資産額や失敗してもなお食うには全く困らないことを考えれば主人公は僕が逆立ちしても及ばない成功者である。その恵まれた人が社長になれなかったとかアテにされてないとかで悩むの自体ちょっとおかしくないか。資産が減ったことを根に持つ妻の不満も理解出来ない。面白かったが僕の生活感とは別世界の話だというのが正直な感想。

 

・図書館本。定年は生前葬。「散る桜残る桜も散る桜」からありきたりの自分探しが始まるのかな、と思いきや波乱万丈、ドラマティックな展開で一気読み。六十代は空腹が許せない。理不尽だ。まだまだなのだ。まだまだ、まだまだ終わってはいないのだ。壮介、千草、道子、トシ、久里……登場人物のセリフが皆心に残る。

 


スポンサーリンク


「終わった人」のキャスト一覧

 

舘ひろし:田口壮介

大手銀行のエリートコースを歩んでいたが、左遷によりコースを外れ、そのまま定年。

世間や職場の人からは「終わった人」という目で見られるようになった。

仕事一筋でそれ以外に生きる意味を見出せない不器用な人間。

「ジジイ扱い」されることに苛立ちを感じるが、抜け出せなくてもがいている。

 

黒木瞳:田口千草

エリート銀行員として働いていたかつての夫の姿と、左遷後の夫の姿のギャップを感じ、向き合えなくなってしまった妻。

自身は美容師として働いてて性格は頑固者。

夫に呆れつつも、実はしっかりその様子を気にかけている心優しい女性。

 

広末涼子:浜田久里

壮介が訪れたカルチャースクールの受付嬢。

岩手県出身で、上京して長いが、盛岡弁で童話を執筆しているため方言が出る。

宮沢賢治を尊敬している。

壮介とは同郷であることから意気投合。

天然キャラであり、思わせぶりに聞こえてしまう言動で壮介をときめかせる。

 

臼田あさ美:山崎道子

壮介と千草の娘

 

田口トモロヲ:青山俊彦

千草のいとこのイラストレーター

 

今井翼:

やり手のIT企業社長

 

そのほかに

笹野高史
渡辺哲
ベンガル
高畑淳子
温水洋一
清水ミチコ

といった方々が出演されるそうです。

役柄やあらすじなど発表されたら、逐次更新していきます。

 

嫁に話した結果

以上の内容を嫁さんに話してみました。

 

嫁さんの反応

『翼君、やり手のIT企業社長ってw

新しいキャラ設定で面白そうやね。』

 

映画「終わった人」は

2018.6.9公開予定です。

 

それではまた。

 

icon-external-linkあわせて読みたい

・comming soon

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です