小袋成彬は立教大学出身で社長!年齢や経歴は?NORKやOBKRとは?

スポンサーリンク


こんにちは。



嫁さんからこんな話を聞きました。

『宇多田ヒカルさんが歌声に惚れ込んだ人がおってプロデュースするんやって!

どんな声かめっちゃ気になるなぁ。

噂によると経歴とかすごいらしいで!』



ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「小袋成彬は立教大学出身で社長!年齢や経歴は?NORKやOBKRとは?」

 

気になったところは

・小袋成彬の年齢や経歴は?
・小袋成彬のNORKやOBKRとは?
・宇多田ヒカルさんプロデュースでソロデビュー?

 

結論から言うとこんな感じでした。

・現在26歳で音楽レーベルの代表取締役!
・バンド名がNORKでプロデューサー名がOBKR!
・2018年4月にシンガーとしてソロデビュー

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

小袋成彬のwikiプロフィールと経歴は?

小袋成彬のwikiプロフィール!

名前:小袋 成彬

読み方:おぶくろ なりあき

本名:小袋 成彬

生年月日:1991年4月30日(執筆時年齢26歳)

出身地:関西

大学:立教大学経営学部

血液型:?

身長・体重:?cm・?kg

役職:「Tokyo Recordings」代表取締役

 

音楽を始めたきっかけは?

小袋成彬さんは
中学高校は野球をしていて
音楽には全く触れることが
なかったそうです。

中学校は立教新座中学校で
高校は立教新座高校でした。

埼玉県新座市にある
立教大学系の学校ですね。

 

当然、クラブも野球部に所属していました。

そんな音楽とは縁のなかった
小袋成彬さんが「歌の道に進もう」
と考えたきっかけは

野球のクラブ活動中でした。

 

ある日
グラウンドのセンターの位置に並ばされて
校歌を歌わされるという
シチュエーションがあったそうです。

いかにも体育会系って感じですねw



他の同級生は先輩に怒鳴られている中
小袋成彬さんだけ「上手い」
と褒められたそうです。

そこで初めて
「俺は歌が上手いのか」
と気が付いたそうです。

そしてせっかく歌が上手いのなら
仕事にしたいなと思ったそうです。

プロ野球選手になるといった夢は
なかったんですね!

 

歌の道に進むと決めて以来
本格的に音楽活動を始めたそうです。

 

大学は立教大学!

中学高校と立教系だったので
そのまま立教大学に進学されました。

学部は経営学部で
経営や起業に関することを
学んでいました。

 

小袋成彬のNORKやOBKRとは?


小袋成彬さんは大学在学中に
R&Bユニット「N.O.R.K.」(ノーク)
を結成してボーカルとして活動

 

 

大学卒業後の2014年9月に
インディーレーベル
「Tokyo Recordings」を設立して
代表取締役をされています。

23歳での起業です。
素晴らしい行動力ですね!

 

ちなみに「Tokyo Recordings」は
平成生まれだけで結成された
新進気鋭の音楽レーベルなんだそうです。

 

レーベルでは歌手としてではなく
音楽プロデューサーとして活動を開始。

音楽プロデューサー名は
OBKRと名乗っています。

「おぶくろ」の
母音を集めた感じですね。

 

アーティストやCMへの
楽曲提供がメインで

大物アーティストや
有名企業のCMや映画音楽を
手掛けています。

 

<楽曲提供アーティスト>

  • 綿めぐみ
  • 水曜日のカンパネラ
  • Capeson
  • Flammable
  • 80kidz
  • YOSA
  • 環ROY
  • Taquwami
  • 空中メトロ
  • 柴咲コウ
  • 宇多田ヒカル
  • OKAMOTO’S
  • Awesome City Club
  • BOMI
  • Mother Tereco
  • 大森靖子
  • adieu
  • Thylacine
  • SIRUP
  • Yaffle feat. Linnéa Lundgren
  • 曽我部恵一
  • OBKR feat. Giorgio Givvn
  • Keishi Tanaka
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • 上白石萌音 
  • 有安杏果   など

 

<CM・映画音楽>

  • ナラタージュ
  • へーベルハウス
  • SONY
  • グリコ
  • 刀剣乱舞
  • NICON
  • TOYOTA
  • ISETAN  など

 

 

また、FMラジオのJ-WAVEの番組
MUSIC HUB(ミュージック ハブ)の
ナビゲーターとしても活動しています。

放送日時:毎週金曜 25:30-26:00

 

2018年に宇多田ヒカルプロデュースでソロデビュー!


2018年4月に
宇多田ヒカルさんのプロデュースを受けて
ソロアーティストとして
デビューすることが決まりました。

 

小袋成彬さんと宇多田ヒカルさんが
初めて顔を合わせたのは2016年で
宇多田ヒカルさんのアルバム
「Fantôme」の収録曲「ともだち with 小袋成彬」を
ロンドンでレコーディングした時だそうです。

 

その時に宇多田ヒカルさんが

「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない」

と感じたんだそうです。

 

これまではプロデュースする側だったのに
逆にプロデュースを受けるっていうのも
斬新な感じがしますね!

 


スポンサーリンク


 

youtubeでデビュー曲の
ティザーPVが公開されています。

 

詳しい情報などは

Twitter、インスタグラム、公式ブログなどで
逐次発表されています。

Twitter:小袋成彬 (@nariaki0296) 

インスタグラム:小袋成彬 (nariaki0296)

公式ブログ:http://obukuro.com/

 

嫁に話した結果


以上の内容を嫁さんに話してみました。



嫁さんの反応

『新進気鋭やけど実績は十分って
すごい新人w

宇多田ヒカルさんがほれ込むくらいやし
独特の音楽観を見った人なんやろね!

かなり注目されそうやし
チェックしとかなあかんね!』

 

それではまた。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です