望月新一に結婚した嫁(妻)や子供は?高校の経歴や海外評価がヤバい!

こんにちは。



嫁さんから

『望月新一さんて言う京大の数学教授が
数学の世界で一番の難関って言われる
問題を解いたんやって!

天才がでた~!って感じやねw

やっぱりイメージは奇人変人なんやけど
実際はどうなんやろ?

結婚して子供さんいはるんかな?』



ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「望月新一に結婚した嫁(妻)や子供は?高校の経歴や海外評価がヤバい!」

 

気になったところは

・望月新一京大教授の高校の経歴は?
・望月新一京大教授に結婚した嫁(妻)や子供は?
・望月新一京大教授の海外評価がヤバい?

 

結論から言うとこんな感じでした。

・飛び級でプリンストン大学卒業!
・現在未婚で子供もなし
・「異世界の住人」扱い!

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

望月新一京大教授の高校や経歴は?


まずは望月新一教授の経歴を
チェックしていきます。

 

名前は望月新一(もちづきしんいち)さん。
生年月日は1969年3月29日。
出身地は東京都。

出身大学はプリンストン大学!

アメリカの名門私立大学で
ハーバード大に並ぶ超頭のいい大学ですね!

ちなみに専門は
数論幾何学と遠アーベル幾何学だそうです。

未知の領域なんでスルーしますねw


現在は京都大学の数理解析研究所で
教授をされています。

 

 

少しさかのぼって

望月新一教授は生まれは日本ですが、
父親の仕事の関係で5歳からは
ほぼニューヨークで過ごしていたそうです!

学校は現地の
フィリップス・エクセター・アカデミーに
2年間在学。

日本でいう中高一貫校みたいなところです。

 

その後、プリンストン大学へ進学。
なんと飛び級で16歳で入学しています!

しかも19歳で学士課程を次席で卒業!

19歳で大学まで卒業するって
どんだけ頭いいんでしょう?

ギフテッドと呼ばれる人種なのかも。

 

その後、23歳で博士課程修了して
ようやく日本に帰国しました。

むしろ日本の方が外国ですねw

帰国後すぐに京都大学に採用。

27歳で助教授、
32歳で教授に昇格されてます。

 

学歴だけ見ても
世界トップレベルの頭脳を
もっているのがわかりますね!

 

 

ちなみに
真偽はわかりませんが

仮想通貨(暗号通貨)の
「Bitcoin」の理論を創ったと言われる
「中本哲史(ナカモトサトシ)氏」は

望月新一教授じゃないかなんて噂があります。

これだけの頭脳を持っていたら
信憑性も高いですね。

 

スポンサ-リンク

望月新一京大教授は結婚してる?嫁(妻)や子供は?


望月新一教授は2017年現在で48歳ですが
ご結婚はされているんでしょうか?

経歴を確認してみると
どうやら未婚のようです。

AMS-TEXという機関に提出された
履歴書に書かれてありました。

 

研究一筋で数学以外に
興味がないタイプなのか?

出会いがなさ過ぎて
タイミングを逃してしまったのか?

理由はわかりませんが
結婚されていないようですね。

 

これだけの優秀な遺伝子なんですから
子供さんができていれば

天才キッズ間違いなし!
じゃないかと思います。

 

といっても
今からでも全然遅くないので
是非婚活していただきたいですね!

 

スポンサ-リンク

望月新一京大教授の海外評価がヤバい?


望月新一教授は海外から
どのような評価を受けているんでしょうか?

 

望月新一教授は
「異世界からきた」と言われる
数学史上もっとも困難と言われる
「ABC予想」の証明を2012年8月
に解いていました。

が、

その論文は500枚にのぼるボリュームで
新しい定義などが盛り込まれていたので

「論文を読み解こうとした数学者の
大半がこの新たな理論を理解できず
あきらめてしまうことになった」

そうです。

 

つまり望月新一教授も

「異世界からきた住人」
という扱いを受けていたんですね。

 

望月新一教授自身はこのように述べてました。

既に IUTeich の検証活動に関わっている数名の研究者を除けば、世界の全ての数論幾何の研究者(=連続論文が公開された時点(2012年8月)での山下氏も含めて!)は IUTeich の周辺にある数学に関しては「全くの素人」であり、これまでの研究業績の上に成り立っている「深い理解」を活用して IUTeich の成否に関する決定的な(=「数学的に意味のある」)判定を下す資格が本質的にありません。

引用:宇宙際タイヒミューラー理論の検証:進捗状況の報告(2014年12月現在)

 

簡単に言うと、

問題を解いたが
それを理解してくれる人がいなかったから
理解できる人を育てなければいけない!

ということでした。

 

まさに神の領域!
次元が違いますねw

 

望月新一教授のサイトはこちらです。

http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~motizuki/

 

スポンサ-リンク

嫁に話した結果


以上の内容を嫁さんに話してみました。



嫁さんの反応

『日本人って数学強いなぁ~!
これってノーベル賞確定やね。

また新しい分野の研究が進むみたいやし
楽しみやわ^^』

 

 

それではまた。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です