イチローの移籍先(2018)はどこ?引退や日本プロ野球復帰の可能性は?

こんにちは。



嫁さんから

『イチローがマリーンズから移籍するみたいやで!
もう44歳やし、もしかしたら引退もあり得るかな?

もしチームが決まらんかったら
コーチとかになるんかな?』

 

ニュースでマリーンズがイチロー選手との契約を
更新しないと決めたそうです。

この先イチロー選手はFAとなりますが、
選択肢はいくつくらいあるんでしょうか?

気になったので調べてみました。



ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「イチローの移籍先(2018)はどこ?引退や日本プロ野球復帰の可能性は?」

 

気になったところは

・イチローの移籍先(2018)はどこ?
・イチローは引退する?
・イチローの日本プロ野球復帰の可能性は?

 

結論から言うとこんな感じでした。

・古巣に戻るかも?
・まだまだ狙える記録があるから引退はないっぽい
・現役最年長記録「50歳」を狙うのでは?
・移籍するなら「巨人」の可能性。

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

イチローの移籍先(2018)はどこ?


まずはイチロー選手の移籍先について調べてみます。


今回、メジャーリーグのマーリンズは
イチロー選手との2018年の契約を更新しないと発表。

イチロー選手はFA(フリーエージェント)として
全球団との交渉することができるようになりました。

理由について詳しいところまでは発表されていません。

米大リーグのマーリンズは3日、球団側に選択権があるイチロー外野手(44)との来季契約を更新しないと発表した。

 イチローはフリーエージェント(FA)となり、今後はマーリンズを含む全球団と交渉可能となる。マーリンズは1年200万ドル(約2億3千万円)で契約を更新できる権利を持っていた。

 今季、イチローは136試合に出場、打率・255、3本塁打、20打点の成績を残した。シーズン代打安打の大リーグ記録28にあと1本に迫るなど50安打し、メジャー通算安打数を歴代22位の3080本に伸ばした。2001年にマリナーズ入りしたイチローは12年途中にヤンキースに移籍、15年からはマーリンズでプレーしていた。

 マーリンズはデレク・ジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任し、イチローとの契約を更新するかが注目されていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000167-spnannex-base

 

推測としてはマーリンズの最高経営責任者(CEO)に就任した
ヤンキース時代の元チームメイト
「デレク・ジーター氏」による決定
というところが大きなところのようですね。


イチロー選手選手の成績的には
全盛期に比べれば全体的に
下がってきてますが

代打としてメジャー記録に及ぶくらいの
打数を残すなど、
まだまだ、活躍できる選手であることは
変わりません。

ただ、メジャーリーグでも
若手選手の台頭が目立つところなので、
世代交代という選択肢は
仕方がないところかなとも思います。


そうなると、次の移籍先がどこになるのか?

古巣のマリナーズかヤンキースに戻る可能性。
ほかの新しいチームに移籍する可能性。

どちらもあり得ると思います。


ただ、もう2つ選択肢があります。

引退と日本プロ野球への復帰です。

 

スポンサ-リンク

イチローは引退する?

イチロー選手は2017年現在で44歳。

選手としてはピークを過ぎていることに
間違いはないと思います。

なので、
プロ意識の高いイチロー選手が
「衰え」を認めたとしたら

いさぎよく「引退」を選ぶ可能性も
あると思います。


メジャーリーグでの年金制度の
「10年以上1軍に所属」という条件も
クリアしているので
金銭的に迷うところは少ないかなと。

ちなみに日本円に換算すると
年間1000万円くらいもらえます。

みんながメジャーに行きたいというのは
正直これも理由かなと思いますね。

 

イチロー選手自身は自分のコンディションについて
どのようにとらえているのか気になるところです。

ただ、
元中日ドラゴンズの山本昌投手のように
「50歳」という年齢までプロ野球選手として
現役を続けた例もあります。

選択肢として日本プロ野球に復帰して
現役最年長記録「50歳」を塗り替えるという
可能性もありますね。

スポンサ-リンク

イチローの日本プロ野球復帰の可能性は?

もしイチロー選手がメジャーから
日本プロ野球に復帰した場合

どこのチームに移籍することに
なるんでしょうか?

可能性としては「巨人」が
有力かなと思います。

2015年のFAの際、
交渉先チームの1つに「巨人」
がありました。

そして、「巨人」は2017年の成績が悪かったので
選手の補強がしたいところ。

イチロー選手なら精神的カリスマとしても
チームを引っ張ってくれる選手なので
是が非でも来てほしいところかなと思います。

 

<追記>

代理人のジョン・ボッグス氏が
アスレチックスと交渉しましたが
ダメだったみたいですね。

イチロー選手は
「50歳まで現役」という願いを
前面に押し出しているそうです。

現在、ジョン・ボッグス氏は
「すでに(マーリンズを除く)
29球団と連絡を取った」と語っているそうです。

厳しいかもしれませんが
最後まであきらめずに
可能性を探ってほしいと思います!

 

<12/27追記>

移籍の候補チームが
メジャー7球団まで絞られてきました。

  • マリナーズ
  • ダイヤモンドバックス
  • ホワイトソックス
  • ロイヤルズ
  • エンゼルス
  • メッツ
  • ジャイアンツ

古巣マリナーズの可能性も
あるんですね!

 

スポンサ-リンク

嫁に話した結果


以上の内容を嫁さんに話してみました。



嫁さんの反応

『確かに日本復帰はあるかもね!

イチロー選手はひょうひょうとしてるけど
けっこう記録にこだわるところがあると思うねん。

だから引退はまだないんちゃうかと思うわ。

日本に帰ってきてくれたら
プロ野球も面白くなるから大賛成やね!』

 

イチロー選手はプロ野球選手として、
これまでにない決断の時期に差し掛かったと思います。

どの道を選ぶのか気になるところです。
引き続き注目したいと思います。

 

 

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です