前原誠司が無所属出馬する本当の意味が怖すぎる!「どんな手を使ってでも...」

こんにちは。

 

嫁さんから

『前原誠司は無所属出馬せえへんって言ったやん?

「本人に聞いた」って言ってた「泉ケンタ」

完全に裏切られてるけど民進党って大丈夫なん?』

 

 

確かに、

身内にも平気で「嘘をつく」前原誠司ってどうなんでしょうね。

結局は無所属での出馬を決めましたけど、

裏にはどんな真意が隠れているんでしょうか?

気になったので調べることにしました。

 

ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「前原誠司が無所属で出馬する意味は?」

 

気になったところは

・前原誠司はなんで無所属出馬する?

 

結論から言うとこんな感じでした。

・民進党の力じゃ勝てないから希望の党の人気に乗っかる
・希望の党公認で民進党員を当選させる
・また民進党員を集めて連立政権で数的優位を獲る
・「総理大臣」の席を狙う

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

スポンサーリンク


前原誠司はなんで無所属で出馬する?

まずは前原誠司が無所属出馬を公表したシーンを見てみます。

クリックすると動画ページに飛びます。

※動画は削除されてました。

 

内容としては

・前原誠司は総理を狙わない

・現在は民進党代表だが無所属で出る

・選挙後は民進党所属の参院、自治体議員やサポーターをまとめる

 

こんな感じでした。

 

希望の党に合流を決めたけど、希望の党の公認は受けずに無所属として選挙を戦うということをみたいです。

 

党の代表が無所属で出馬するってことは事実上の解党ですよね。

なんで無所属を選択したんでしょうか?

 

世間の声も冷ややかなモノが多いですね。

 

・政権交代とか安倍政権を止めるとか、これらって手段だよね。
目的は日本を良くすることだと思うんだけど、何をしようとしているかがさっぱりわからないんだよね。

 

・前原代表は合流を決めたといってるが、小池代表は合流はしませんと。民進、大丈夫か?

 

・マスコミは忖度して「合流」と表現していますが、民進党は選挙から逃げて自滅、流浪の元民進議員の保守派の何人かを小池氏が拾うだけですよ。恥ずかしい話だと思います。

 

・捨て身で政治をやられては国民が迷惑する。
是非退場してほしい。

 

・突然の解散、次の当選が見えない人達の捨て身覚悟の今回の騒動。小池知事に乗っかれば当選する
確率が上がる、その為の解党、合流。一切国民や
国政の為に動いているとは思えない。自分達の理想の国にする?その為ならなんでもする?そんな人達に日本を任せられない。

 

・前原氏が、安倍政権を倒す勢力を作る!
政策は今から詰めます。って答えててワロタ
政策が違うのに組んじゃダメだろw
ってか、政策の話してないんかーーーぃ!っていうツッコミは今更すぎて皆誰もしないのかね?w

 


スポンサーリンク


前原誠司が無所属で出馬するのは

「体裁を守るためだけ」

というのが理由のような気がします。

 

前原誠司自身は地元で勝てるから無所属で出ても大丈夫だけど、

その他の党員はとことん落選する可能性が高い。

 

それだと「打倒!安倍政権」ができないので

「希望の党」と組み民進党員を「希望の党公認」で当選させる。

 

自分は民進党代表だから「希望の党」の「配下」につくと、

今後、同じ目線で交渉ができなくなる。

 

つまり、政権を奪取した時に「総理大臣」の席を狙いにくくなる。

 

 

小池百合子は「東京都知事」だから「希望の党代表」にはならないので、

「希望の党代表」と組閣時の席取りで勝つために、

選挙後に「民進党代表」の肩書を残した上で、

希望の党公認で当選した「民進党員」を全員引き戻して

連立政権内での主力の地位を安定させる。

 

これが無所属で出馬する意味かなと思います。

 

つまり

小池百合子人気にあやかって民進党員を当選させて、

今度はその民進党員を使って希望の党より優位な立場に立つ。

 

そして「総理大臣」の席を狙う。

 

こんな感じですかね。

 

嫁に話した結果

以上の内容を嫁さんに話してみました。

 

嫁さんの反応

『結局は他人のふんどしで...ってやつってことやね。

結局、政治家も大事なんは国政より自分の肩書なんかな。』

 

昨今の近隣諸国の情勢を見れば、

内輪もめしている時ではないですよね。

 

民主党政権時の「あらゆる対応」を思い出すと

任せるのは「怖いなぁ」と思います。

 

それではまた。

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です