空自ヘリの墜落場所(地図)や隊員の所属部隊はどこ?気象は悪天候?

2017年10月18日に小野寺防衛相から航空自衛隊のヘリコプターが海上に墜落したと発表されました。

 

現在わかっている内容は

・連絡が途絶えたのは10月17日夕方

・航空自衛隊の浜松基地所属の救難ヘリコプター「UH-60」1機

・海上で夜間の捜索訓練のために搭乗していた隊員4名が行方不明

・海上で航空自衛隊と書かれたドア部分を発見(17日午後8時頃)

・浜松基地から南におよそ31キロの地点でレーダーから消えた(17日18時頃)

・海上保安庁や民間の船舶の協力も得て隊員を捜索中

 

ここで、「隊員の所属部隊」と「墜落した理由」を調べてみました。

スポンサーリンク


 

墜落した空自ヘリの隊員の所属部隊は?

隊員は浜松基地所属でした。

浜松基地に所属する部隊でヘリに関係ある部隊は

  • 航空教育集団司令部
  • 第1航空団
  • 警戒航空隊
  • 浜松救難隊
  • 浜松管制隊
  • 浜松気象隊

この中でヘリコプターによる捜索を主任務とするのは

「浜松救難隊」

 

今回墜落した空自ヘリの隊員はおそらく「浜松救難隊」の所属になると思います。

 

浜松救難隊は、事故航空機のパイロット等を捜策・救助と、要請により災害派遣活動を行っている部隊です。

 

救難のプロですが、今回痛ましい事故が発生してしまいました。

どのような理由があったんでしょう。

 


スポンサーリンク


空自ヘリが墜落した場所(地図)と天候は?

空自ヘリが墜落したの場所は「浜松基地の南31キロの地点」と発表されています。

海上の赤丸の位置がおおむね「南に31キロ」の地点です。

 

天気はどうだったんでしょう?

浜松の17日の天気は「晴れ」でした。

  • 最高気温33.3度
  • 最低気温23.8度
  • 湿度52%
  • 風向 西北西
  • 風速 3m/s
  • 海面気圧 1008.4hPa
  • 降水量 0.0mm

 

見てみると温暖で穏やかな天候でした。

注意報も発表されていません。

 

悪天候による墜落の可能性は低いのかも知れません。

 

となると、考えられるのは2つ

「機体のトラブル」か「操縦ミス」かと思われます。

 

現在は隊員の捜索中であり、発見されてから理由については解明されると思います。

 

4人が無事に発見されることを祈ります。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です