団野村は本名?会社(仕事)はカープ?契約交渉人の経歴と年収がヤバい!

2017年12月9日18時頃に
元楽天イーグルス監督の野村克也さんの妻の
野村沙知代さんの訃報が流れました。

野村沙知代さんの経歴を振り返ってみると
野村克也さんより前の夫との子供が
いることがわかりました。

名前は「団野村(だんのむら)」氏

父親は誰なのか?
経歴は?
仕事は何をしているのか?

気になるところを調べてみました。

団野村の本名は?


まずは団野村さんの
プロフィールを見てみます。

名前:団野村(だんのむら)

本名:野村 克晃(のむら かつあき)

国籍:日本(大阪府出身)

生年月日:1957年5月17日

出身高校:セント・メリーズ・インターナショナル・スクール及び東京都調布市内の高校

出身大学:カリフォルニア州立ポリー大学(理工科)

 

団野村さんは

野村沙知代さん
(旧名:伊東芳枝(いとうよしえ))
の1度目に結婚した時の旦那である
駐日米軍将校のアルヴィン・エンゲルさん
との間に長男として生まれました。

野村沙知代さんとエンゲルさんが離婚したのは1978年。
団野村さんが21歳くらいの頃ですね。

ちなみに不倫の末の略奪婚だったそうです!
昔の世代の方はやることが大胆ですねw

 

スポンサ-リンク

元カープの選手?


両親が離婚する前年には
団野村さんはヤクルトスワローズへの
入団テストを受けて
テスト生として入団していました。

野球の血は野村克也さんではなく
エンゲルさんから引いていたんですね。

ただ、成績は振るわず
1軍での出場はありませんでした。

その後1981年にスワローズを退団。

退団後は「コメンテーター」として
米メジャーリーグの解説などで
テレビ出演されてました。

 

カープとの直接のつながりは
なかったみたいです。

 

スポンサ-リンク

現在の仕事は何?会社は?


転機が訪れたのは1993年。

渡米して「エージェント」としての
仕事を始めました。

いわゆる「契約交渉人」ですね。

 

初めて担当したのは「マック鈴木」選手!

交渉の末、
「MLBシアトル・マリナーズ」との
マイナー契約を締結させました。

「マック鈴木」選手と言えば
日本人メジャーリーガーの
先駆けとなった投手ですね。

 

それから1995年には
近鉄バッファローズで活躍していた
「野茂英雄」投手

1996年には千葉ロッテマリーンズの
「伊良部秀輝」投手

などの移籍交渉に携わりました。

1996年にはロサンゼルス市内に
「ダン野村オフィス」を設立。

現在のKDNスポーツ社ですね。

 

団野村さんが交渉に失敗していたら
今の日本人メジャーリーガーの活躍は
なかったかもしれません。

 

スポンサ-リンク

契約交渉人の経歴と年収がヤバい!


2000年以降は
特に大物選手の契約交渉を
担当する機会が増えました。

メジャーリーグだと
このような顔ぶれになります。

  • ダルビッシュ有
  • 岩隈久志
  • トニー・バーネット
  • チャッド・ハフマン
  • ブランドン・マン
  • クリス・カーペンター
  • ジョン・ボウカー
  • ダグ・マシス

 

エージェントの収入は
いわゆる「出来高」なので
失敗すれば報酬なしということも
ある世界です。

団野村さんはそんな厳しい世界で
一流選手らの契約交渉を次々と締結しています。

報酬金額は1契約でも「億単位」はくだらないでしょう。

 

ちなみに
スポーツエージェントの収入は
契約締結した選手の年俸の
「3~5%」が相場なんだそうです。

ダルビッシュ有選手の契約金は「46億円」

報酬を計算すると
「1.3億円~2.3億円」になります。

一流エージェントの報酬は
夢がありますね!

 

 

 

以上。団野村さんについてのまとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です