コリック(黄昏泣き)とは新生児だけ?いつまで?原因と対策や薬を調査!

こんにちは。



嫁さんから

『赤ちゃんが夕方に機嫌悪くなって
泣くことを「コリック」っていうんやって!

日本語やったら「黄昏泣き」らしいわ。

ちっさい子がよく夕方に泣く
イメージあるけど
これってどれぐらいの月齢から
始まるんやろうね?

原因ってなんなんやろ?』

 

子育てをしていると必ずと言っていいほど
困るのが「原因不明の大泣き」ですよね。

抱っこしてても泣き止まへんし。
オムツ変えても泣き止まへんし。
ミルクあげても飲まへんし。

私もよく赤ちゃんに向かって
「どうしてほしいん?」って
聞いてましたw

泣いて答えてくれましたけど^^

今思えば懐かしい思い出ですが、
現役のママさんにとっては
死活問題ですよね。

コリックについての
正しい知識と対処方法を知っていれば

「ああコリックね~♪」

って感じで気持ちも穏やかに
過ごすことができますし、

なにより、
赤ちゃんのストレスを
軽減させてあげられます^^



ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「コリック(黄昏泣き)とは新生児だけ?いつまで?原因と対策や薬を調査!」

 

気になったところは

・コリック(黄昏泣き)とは新生児だけ?いつまで?
・コリック(黄昏泣き)の原因と対策や薬は?

 

結論から言うとこんな感じでした。

・6週目位から始まって4か月くらいで治まる
・特定の原因はない
・「乳酸菌」や「液体制酸薬」の効果が高い

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

スポンサーリンク


コリック(黄昏泣き)とは新生児だけ?いつまで?


まずは赤ちゃんがコリックを起こす
月齢について調べてみました。


コリック(黄昏泣き)とは?

夕方になって急に赤ちゃんの
機嫌が悪くなって泣きわめいたまま
泣き止まないことってありますよね。

これがコリックと呼ばれる症状です。

主に夕方に起きることが多いので
日本では「黄昏泣き」と呼ばれてます。

読み方は「たそがれなき」です。

 

コリック(黄昏泣き)の起きる月齢は?


一般的にコリックは
生後3週間くらいの新生児の時から
起こります。

その後、6週~8週間をピークに
だいたい3~4か月くらいで治まる
ことが多いようです。

 

コリック(黄昏泣き)の症状は?


コリックの症状は基本的には
「泣きわめく」だけです。

ほかに目立った特徴はありません。

ただ、

ひどい場合は3時間以上も
泣き続けることがあるので
ママさんと赤ちゃんのストレスは
計り知れないものとなります。

 


スポンサーリンク


コリック(黄昏泣き)の原因と対策や薬は?


次にコリック(黄昏泣き)の
原因と対策について調べてみました。

コリック(黄昏泣き)の原因と対策は?


コリック(黄昏泣き)の原因は
明確には解明されていません。

ただ、研究結果では
いくつかの要因が挙げられています。

ミルクや乳に対するアレルギー症状

ママさんの食事の影響で
赤ちゃんがコリックを発症してしまう
ことがあります。

日々の食生活を見直して、
お菓子などの甘いものや
乳製品を控えるようにしてみてください

 

おなかにガスがたまる

母乳やミルクの後に赤ちゃんのゲップを
しっかりと出してあげないと
お腹に空気が溜まります。

その空気によってお腹が張ってしまい
気持ちが悪くなって泣いてしまうことがあります。

ゲップやマッサージで赤ちゃんのお腹から
ガスを抜いてあげることが
コリックの原因解消につながります。

おなかにたまったガスを取り除くマッサージ方法はこちら

 

それでもお腹にガスがたまるという場合は
こちらを使ってガスを抜くことができます。

 

 

消化がスムーズに行われない

母乳やミルクがお腹に残っている状態が続くと
消化器官に負担がかかり、
消化不良を起こしやすくなります。

そのため気分が悪くなるなど
コリックの原因となります。

赤ちゃんに母乳やミルクをあげる
タイミングを調整してみてください

 

母乳の出が悪い

母乳をあげている場合、
朝より夕方の方が
母乳が作られにくくなる
という傾向があります。

そのため、
時間がたつと空腹のために
コリックが起きることがあります。

お腹がすく前にこまめに母乳をあげるか
ミルクを追加してみてください。

 

食事の質

ママさんが食事を摂る際に
「乳酸菌」の多く含まれた食事を摂ることで
赤ちゃんの整腸作用を高めることができるため
コリックが起きにくくなると言われています。

また、このようなサプリメントも
上手に取り入れてみるとお手軽で
効果的ですよ。

コリックに効果的な薬は?

コリックに効果のある薬として
「液体制酸薬」というものがあります。

これは小さじ1/2杯を1日に3~4回
飲ませることで、おなかにたまったガスや
便の排泄がスムーズにできるなり、
早ければ数週間でコリックの症状が改善した
という研究結果が報告されています。

ただし、

この薬は医師に処方してもらう必要があるので
コリックの症状がひどい場合は
一度相談してみてください。

 

以上がコリックの原因対策について
調べた内容です。

まずはいろいろと試してみて
症状が改善されないなと思った場合は
医師の診断を受けるのが
早期解決の近道です。

 

嫁に話した結果


以上の内容を嫁さんに話してみました。



嫁さんの反応

『コリックっていろんな原因があるんやね。
長女の時は便秘気味やったから
オイル付きの綿棒でお尻をグリグリしたら
飛ばしまくってたなぁw

懐かしい^^

こんな感じで原因と対策がわかってれば
いらん不安をせんでええし、
赤ちゃんも楽になるから
絶対知っとった方がいいね!』

 

コリックというのは
病気というほどのものではなく、
赤ちゃんが体をうまくコントロール
できていないことが原因なので、
月齢が進めば自然と改善されていきます。

むやみに心配することなく
赤ちゃんの成長を
見守ってあげてくださいね。

 

 

それではまた。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です