嵐のペンライトは使い回しNG?値段や設定方法は?制御の新機能が凄い!

こんにちは。



嫁さんから

『嵐のファンがコンサートで使ってる
ペンライトって毎回新しいの
買ってるらしいで!

けっこうな値段すると思うんやけど
なんで使い回しできへんねやろね?

会場全体で制御されてて
設定とかも毎回変わるからかな?』

 

嵐のコンサートの特徴として制御された
ペンライトによるパフォーマンスがあります。

嵐のメンバーと会場全体との一体感が
コンサートの醍醐味の1つですね。

でも、あのペンライト、
結構な値段がするみたいで
しかも2017年からは
使い回しができないそうなんです。

なぜ嵐のコンサートのペンライトは
1回しか使えなくなったのか?
気になったので調べてみました。



ということで、

今回の嫁に聞いた話はコレです。

「嵐のペンライトは使い回しNG?値段や設定方法は?制御の新機能が凄い!」

 

気になったところは

・嵐のペンライトが使い回しNGの理由は?
・嵐のペンライトの値段や設定方法は?
・嵐のペンライト制御の新機能が凄い!

 

結論から言うとこんな感じでした。

・通信の規格が変わったため
・やや高めの2,500円で設定方法は変更なし
・光であるモノを表現

 

詳しくはこれからお話ししていきますね~^^

スポンサーリンク


嵐のペンライトが使い回しNGの理由は?


まずは嵐のペンライトがコンサートで
使い回しできない理由を調べてみました。

まず、ペンライトの歴史を振り返ってみると
嵐のコンサートで「制御ペンライト」が導入されたのは
2014年からでした。

2014年のライブといえば
「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」
ですね。

この時からペンライトを制御することで一斉に色を変えたり
グラデーションにしてみたりといった演出が始まりました。

ただ、2016年までは「使い回しOK」でした。

以前のライブで購入したペンライトでも
問題なく会場の制御に対応して光っていました。

それが2017年のライブ
「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 untitled」
からは使えなくなってしまったんです。


理由は
「会場の照明とペンライトを制御する信号の規格変更」
ということでした。

2017年のライブで使われる
信号の規格を変えたことで

2016年まで使っていたペンライトは
「光るだけ」になってしまいます。

会場でペンライトを振っていても
自分だけ「色が変わらない」という
悲しい状況になってしまうんですね。

周りのファンにも
「あれ、去年までの使い回しね」って
一瞬でバレてしまいます。

せっかく楽しいライブの時間が
周りの目を気にするようになってしまうと
気分も下がってしまうかもです。

ではなぜ
信号の規格が変更されたんでしょうか?

理由は2017年のライブでは
制御方法に新機能が追加されたからなんです。

 

嵐のペンライト制御の新機能が凄い!


では、
2017年から新しく追加された制御方法は
どのようなモノなんでしょうか?

今回販売されている
「untitled」のペンライトは
「嵐カラー+白の6変色」でした。

 

今回の照明の演出を考えたのは
「松本潤」さんだそうです。

かなり繊細でこだわりの演出に
なったみたいですね。

 

. . . . ✱ ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」 ✱ 初天井席、一瞬でも萎えた自分をぶん殴りたい(笑) 天井には天井にしか見れない景色がある っていうのは本当だった。 照明、演出、ペンラの自動制御、セトリ 全てが完璧で、完璧すぎて度肝を抜かれた。 上から見る景色は本当に本当に美しくて、 今まで生きてきた中で一番って言っていいくらい感動した。 松本さんが12時間以上かけて考えてくれたセトリ、照明、演出、 素晴らしいの一言では片付けられないくらい圧巻でした。 明らかに今までにはなくて、今までとは違って、史上最高で、 その空間にいれることが心の底から幸せでした。 「遠いしまあ今年は大丈夫かな」とか言ってたくせに、 結局開演から終了まで涙が止まらず、 泣き疲れて無になり、 あやかに突っ込まれるいつものやつだった(笑) 顔なんて見えないし、姿もあんまり見えないけど 思い出し泣きできるくらいには、 景色の美しさと生歌と踊りに心を持っていかれた。 忙しいスケジュールの合間を縫って、 こんなに幸せで素敵な空間を作り上げてくれてる嵐の5人に、 全力でありがとうを伝えたい。 この人たちのファンでいれて良かったし、 いまも変わらず5人を応援できてることに感謝でいっぱい。 そろそろキリがないのでやめる。(笑) 今のところ他の会場に行く予定はないけど、 他4会場でこの初回の演出がどう変わるかとってもたのしみ😌 とにかく!!すっごく楽しかった!!! あやかいつもありがとうね!😂🎣 #arashi#arashilivetour2017_2018#untitled#sapporo#2ndday#1118#amnos#bff#twins#love#happytime

A k a r iさん(@a1_23k)がシェアした投稿 –

 

詳細についてはネタバレになるため控えますが、
「光であるモノを表現した」そうです。


あるモノを表現するためには
より細やかな通信制御が必要なため
これまでのペンライトは使えない
ということなんですね。

ちなみに古いペンライトを持って行っても
2~3曲しか反応しなかったという報告も
上がっています。

 

進化する嵐のライブツアーを楽しむためには
新しいペンライトは必須のようですね。

 


スポンサーリンク


嵐のペンライトの値段や設定方法は?


最後にペンライトの値段と
設定方法について調べてみました。

ペンライトの値段は?

 

ペンライトは2,500円でした。
2016年は2,300円だったので
200円高くなっていますね。

 

ペンライトの設定方法

1.座席シートの背もたれに貼ってある「マーク」を確認

2.「色変更ボタン」を押しながら電源ON

3.ペンライトが点滅したら「マーク」に2秒以上タッチ

4.「ピンク」に光れば設定OK

 

<注意事項>

座席ごとに通信電波が異なるので
必ず自分の席の「マーク」で設定する。

 

嫁に話した結果


以上の内容を嫁さんに話してみました。



嫁さんの反応

『嵐のライブは毎回凝ってるから
一緒に盛り上がるためには
買わなしゃあないんやね。

ここは奮発せなアカンね!
思い出はプライスレスやからw』

 

 

 

それではまた。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です